無料相談のご案内
法人のお客様はこちら
みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%
HOME > サービス一覧 > 

資格外活動許可

資格外活動許可

資格外活動許可とは

資格外活動許可とは、現に有する在留資格に該当する活動を行いつつ、その活動の遂行を阻害しない範囲内で「他の収入を伴う事業を運営する活動」又は「報酬を受ける活動」を行おうとする場合に、法務大臣に対して資格外活動許可申請を行い、現に有している在留資格に属さない収入を伴う活動を認めてもらうことをいいます。

例えば、「留学ビザ」を有する大学生がアルバイトをする場合などです。「永住者ビザ」「日本人の配偶者等ビザ」など、日本で行う活動に制限がない在留資格を有する方につきましては、この資格外活動許可を申請する必要はありません。

資格外活動許可の手続きを行わないまま、現に有する在留資格で認められた活動以外の活動を行った場合には、不法就労に該当してしまい、退去強制の対象となります。また、場合によっては、不法就労者を雇用した方に対しても、懲役や罰金が科せられることがありますので十分にご注意ください。

資格外活動の包括的許可

「留学ビザ」で在留する外国人の方が、学費その他の必要経費を補う目的でアルバイトをする場合には、原則として活動の内容や場所を特定することなく資格外活動を行うことができる「包括的許可」を受けられます。

家族滞在ビザ」で在留する外国人の方につきましても、週28時間以内の資格外活動を行うことができる「包括的許可」を受けられます。

ただし、「包括的許可」についても下記のとおり、活動時間や活動場所等について一定の制限があります。

【活動時間の制限】

1週間当たりの
アルバイト時間
教育機関の長期休業
期間中の稼動時間
大学・大学院の学生 28時間以内 1日8時間以内
聴講生、研究生、専ら聴講による研究生、科目等履修生 14時間以内 1日8時間以内
専修学校・高等専門学校の学生 28時間以内 1日8時間以内
家族滞在ビザで在留する外国人の方 28時間以内

【活動場所の制限】

  • 風俗営業、店舗型性風俗特殊営業が営まれている営業所において行われるもの
  • 無店舗型性風俗特殊営業、映像送信型性風俗特殊営業、店舗型電話異性紹介営業、無店舗型電話異性紹介営業に従事するもの

資格外活動許可申請

手続対象者 現に有している在留資格に属さない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとする外国人の方
提出時期 現に有している在留資格に属さない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとするとき
必要書類
  • 資格外活動許可申請書
  • パスポート
  • 外国人登録証
  • 当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類
  • その他必要書類
*事案により異なります。
審査期間 2週間〜2ヶ月程度
申請の難易度 ★★☆☆☆

ご相談事例

  • 現在「留学ビザ」で在留しているが、アルバイトをしたい!
  • 現在「家族滞在ビザ」で在留しているが、アルバイトをしたい!

資格外活動許可申請の手続きが必要な方は、是非とも「ビザ申請NAVI」をご利用ください。ビザ申請に精通するスタッフ一同が、全力でサポートさせていただきます!

ビザ申請NAVIの安心サービス

サービスの特徴 業務の流れ 料金システム お客様の声

[ビザ申請代行サービス]

資格外活動許可申請 基本 31,500円

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
Page Top